TOPページ 日本画質学会のご案内

日本画質学会のご案内

●名称
日本画質学会(The Society of Picture Quality Engineers)

●愛称
Group Gashitsu

●ロゴマーク
 画質学会ロゴマーク


●活動のねらい
 マルチメディア社会の中核であるビジュアルコミュニケーションの発展と、画像ディスプレイの質的向上に寄与することを活動目的とする。
 具体的には、新時代にふさわしい画質評価法を確立し、画像に関わるすべての人たちに、「画を見る眼」を涵養することを目指し、全世界に向けて積極的に啓蒙、提案活動を行っていく。


●発足
1998年9月

●学会メンバー
会長  横澤美紀(よこざわ・みのり)/東京情報大学教授
副会長 麻倉怜士(あさくら・れいじ)/デジタル・メディア評論家、津田塾大学講師
副会長 村瀬孝矢(むらせ・たかや)/PJ総合研究所代表
副会長 秋山雅和(あきやま・まさかず)/日本大学大学院客員教授、(株)プランネット 技術アドバイザー
*学会メンバーは上記4名のみとし、活動においても4名の責任で行うものとする。


●日本画質学会事務局
(株)ニューメディア内 担当:吉井、古山
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-5 銀座NFビル 
TEL.03-3542-5231(代)
FAX.03-3545-5843


●これまでに開催された日本画質学会研究会
1998年11月18日 
第1回「学会発足記念シンポジウム」

1999年2月18日 
第2回「投写画像(LCD、DLP、D-ILA)の画質をビデオ、放送、フィルム、メーカーの各業界人が読み取り、『画を見る眼』を相互検討」

1999年7月17日 
第3回「フィルム原画をもとに、プロジェクターの画質を考える」

1999年9月16日 
第4回「プラズマの画質を体感する」

2000年9月1日 
第5回「スクリーンの基本を画質から学ぶ」

2001年8月28日 
第6回「ストリーミング2001 この画質がブロードバンドビジネスを成功させる!」

2002年6月7日 
第7回「CM素材で検証する儲けるためのストリーミング画質大研究会」

2002年7月25日
第8回「合同セミナー:次世代ディスプレイの最新動向~限りなく“ペーパー”への挑戦~」

2003年9月19日
第9回「フルデジタル時代の『最適』ストリーム画質を考える」

2004年4月14日
第10回「映像をフィルムに学ぶ」

2004年4月28日
第11回「マランツのホーム用プロジェクター“14bit映像処理画質を知る”」

2004年5月12日
第12回「ソニーのQUALIAを大画面で体感し、その画質を知る」

2004年6月16日
第13回「21世紀の超薄型ブラウン管ディスプレイ 双葉電子工業のFEDを体感・学ぶ」
    ディスプレイの最先端技術がわかるSID報告

2004年11月9日
第14回「三星電子のDLP画質を研究する~プロジェクター、リアプロTV~」

2005年1月27日
第15回「村瀬副会長『画質の世紀』出版記念会&フランス製『電動サウンドスクリーン』を体感・学ぶ」

2005年7月29日
第16回「招待勉強会 世界最高水準ドイツゲレッツ社のスクリーンを体感・学ぶ」


2006年7月27日
第17回「世界初『動画像の標準評価映像』を真の画づくりに活用するために」

2008年11月7日
第16回研究会「次世代マスターモニターを考える」


研究会案内
福井AI利用研究会  ~音声認識+字幕制作+コールセンターの最先端~  AI技術で地域の発信力イノベーション! 「生まれる仕事・なくなる仕事」徹底研究5月25日(金)13:00〜17:00、福井で開催
ツアー案内
韓国次世代・新規格サービス放送専門調査& KOBA 2018ツアー
新刊

HDR制作解説書Ver.2
世界の映像クリエーター、技術者による解説 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作 140ページ 定価1,500円(本体価格1,389円/送料別)

新刊

IPライブ伝送制作システム解説書Ver.2 
動き始めた導入事例と国際規格の動向 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作80ページ 定価1,000円(本体価格926円/送料別)

新刊

「一周まわってテレビ論」とローカル放送展望の解説書 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作84ページ 定価1,000円(本体価格926円/送料別)

在庫僅少
NEWMEDIA別冊

HDR制作の解説書 次代の映像クリエーターたちが執筆月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作

NEWMEDIA別冊

IPライブ伝送制作システムの解説書
「SDIからIPへ」何を変え、何を生み出すか 月刊ニューメディア1月号別冊
解説書 IPライブ伝送制作システム

雑誌、書籍ご購入
次号予告

2018年7月号(2018年6月1日発売)

・新視聴率とデジタルマーケティング

・Connected Media Tokyo 2018直前特集

・キャリア各社の実証実験で見えた「5Gへの期待と課題」

・OTTのオリジナル作品制作力(2)「海外勢編」

・ケーブルテレビ河口湖が4K中継実験

・東京交響楽団のバリアフリー演奏会

日本画質学会
募集

・今と言えば、今すぐ対応できる人
・短時間で仕上げられる人
・たび重なる修正に耐えられる人
・安くてもOKな人
担当:渡辺・本誌編集長
TEL:03-3542-5231

完売
NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著

252ページ 本体800円+税(送料別)画像 NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著52ページ 本体800円+税(送料別)
完売
The FileBase Book2The File Base Book 2
『ローカル局におけるファイルベース化を考える』

 

好評発売中

鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生 表紙 鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生

吉崎正弘著
発行2009年5月15日
本体2,000円+税
ISBN978-4-931188-36-5
送料実費

単品注文
完売
日本初!「ファイルベース」本格テキスト本 刊行へ!!
『The File Base Book
 ~ MXFによる放送ワークフローの変革~』
好評発売中

サービス・制度・標準化動向・著作権問題を全て網羅。世界初の総合的なIPTVの解説書
IPTV 放送・通信融合サービスの大本命 表紙 IPTV 通信・放送融合サービスの大本命
本間祐次著
発行2007年6月13日
定価2,000円+税
B6判/326頁
送料実費

単品注文
完売 (2刷)

気鋭のメディア論学者による、デジタル放送論の決定版!!
デジタル化の波のなかで 表紙 完売
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで
(改訂版発行・増刷が決まり次第、予定を掲載いたします)
音 好宏著
発行2007年1月19日
B6判/216頁

単品注文

好評発売中 (2刷)

2010年には1兆円達成も夢ではない!
若手必読の書
デジタル時代に勝つ技術戦略 表紙
ケーブルテレビ1兆円産業論
デジタル時代に勝つ技術戦略

田口和博著
発行2007年1月11日
本体2,000円+税
B6判/236頁
送料実費

単品注文
好評発売中

日本の情報通信政策畑の第一人者、12冊目の著作
u-Japan 2010年の日本 表紙 u-Japan
2010年の日本

吉崎正弘著
発行2005年1月31日
本体2,000円+税
B6判/298頁
送料実費

単品注文

 


燃料電池ビジネス

GetAdobeReader

GetFlashPlayer